とあるJKリフレの裏オプ体験談

JKリフレ体験談

トゥインクルがグランドオープン!スタイル抜群の美女とお戯れ

更新日:

ガチで言いたい。

この子にだけは入りたくなかった。

入った事にこれほど後悔するとは…。

 

トゥインクルとしてリニューアルオープン

池袋のメイドリフレの老舗である“いんふぃにてぃー”が2年の歳月を経て、ファンに惜しまれながら閉店。と同時に、新店舗がオープンするそうだ。

実質リニューアルであり、店名を変える事により気持ちを新たにサービス向上でも目指しているのだろう。

いんふぃにてぃーについて目立った悪評は巨大掲示板でも見かけないので、健全な優良店だと思っている。

来たる予約日。加護みずきちゃんとお戯れにソワソワしながら池袋へと足を向けた。

 

美女オブ美女

みずきちゃんといえばツイッターでは顔出しをしていたし、池袋の街中でもビラ配りをして見かけたこともある。

ガチの美女なのだ。

「あんな美女とハグとかこっちが無理」「会話の訓練が必要かも」「断れば良かった」など文句を言いながら差し入れの買い物をしつつ徒歩10分かけて着いた“トゥインクル”。

外観やエレベーターを降りての風景は変わらないことに安心感を得た。

池袋メイドJKリフレのトゥインクルがリニューアルした

 

リニューアルの疲労か、受付で疲れた顔の店長を労いながら60分通常コースと指名料を支払う。

通された部屋もリニューアル前と変わらない。部屋の明るさも以前と同じだ。

池袋メイドJKリフレのトゥインクルの部屋

 

今日は暑かった。7月上旬、半袖を着ているのに軽く歩けば汗が出る。

このままハグするのは女の子に悪いと思いボディペーパーで汗を拭き、香りでごまかす。

拭き終わるとほぼ同時にカーテンがシャーっと開き、スタイル抜群の美女がそこに立っていた。

 

みずき「お待たせしましたー!わ、ほんとに来てくれた!!」

小生「…はぁ」

油断したら大きなため息が出た。

みずき「えっ、なになにww私なんかした?」

小生「いや、違くて笑。まぁいいや、あとで話す」

 

DMで事前に体験談記事と撮影について説明はしてあった。さっそく入り口付近から撮らせてもらう。

池袋メイドJKリフレのトゥインクルのみずきちゃん

 

小生「すげえ…やっぱスタイルいいんだよなぁ」

みずき「でしょ?笑。でしょとか言ってwwでも今ムチムチしてるからあんま好きじゃない」

小生「まぁまぁ、ちょっと見てごらんて」

たった今撮った写真を見せる。

みずき「むちむちしてるーw」

このモデル並みのスタイル感、伝われよ!!

 

お店と女の子に撮影許可済み。
無断撮影・転載は控えてほしい。

 

小生「いつもは何からするの?ハンドマッサージ??」

みずき「お願いされたときだけしてるよ」

小生「ちょっとやってみて。凝ってないけど」

正直言うと菜々緒似の8頭身美女が目の前に立っている時点で変な汗が出てくるのと、緊張をほぐすために手を取って欲しかった。

さきほどのため息は『この子やっぱ可愛すぎ』という気の抜けない心境からだ。

シャツで汗をぬぐい、差し出す。もきゅもきゅと揉まれる無骨な手。

 

池袋メイドJKリフレのトゥインクルのみずきちゃん

 

みずき「どう?この辺とか気持ちよくない?」

手を揉みながら上目遣いでこちらを見てくる。

近い近い!!

ハンドマッサージなんか頼まなければ良かった。

余計に緊張してきた…いや、これは緊張というより興奮だ。

 

小生「ご、ごめん、手は、もういいや」

息遣いが荒く喋りが下手くそになる。

小生「こっちも、いいかな?」

グイッと手を引き体を少し寄せた。

手よりも太いモノを掴ませる。

みずき「なになにw怖いんだけどww」

小生「いいから、ちょっとだけ揉んで」

みずき「えっえっ、こう?これでいいの??」

小生「そう、もう少し、ここも。…気持ちいい」

みずき「こんなトコ初めて揉んだしわかんないよ…」

 

そうは言いながら色々な揉み方を試してくれる。

小生が少し力を入れてみると…

みずき「硬くなったw」

 

池袋メイドJKリフレのトゥインクルのみずきちゃん

 

ただ腕を揉まれているだけだが、こうして文字に起こしてみると何かを連想させる。

しかしここは超が付くほどの健全店…淡い期待をしてはいけない。

 

オプションの楽しみ方

開始15分と経っていないが、オプションを入れたくなった。ハグがしたい。

小生「今日、1番安いコースで入っちゃったん…」

みずき「そうなんだ〜。ぜんぜんいいよ、来てくれるだけで嬉しいから!!お話しするの楽しいし♡」

こっちが話すと3倍ぐらいになって返ってくる。笑うと可愛らしい八重歯を覗かせる。

小生「いや待ってよ笑。オプションでハグし放題入れていい?」

みずき「なんだwいいよー!ハグしよッ♡えっとね、残り40分ぐらいだから…」

小生「これでどうかな?」

スッと紙幣を差し出すと「うん!」と満面の笑みで答えてくれる。

小生「じゃあ、膝上…乗ってもらえる?」

ベルトよりも硬く主張しているモノが当たらないか心配で、腰をわずかに引いてしまう。

みずき「失礼しまぁす、よいしょっと」

 

池袋メイドJKリフレのトゥインクルのみずきちゃん

 

小生「いい重さ!重すぎず、軽すぎず」

みずき「その褒められ方初めてw」

小生「つーかさ!?胸が意外にも大きい…?何カップなの?」

みずき「んー…仲良くなってから教えるw」

着痩せするタイプなのか、もしくわこのメイド服が立体視で…ふにふに。やはり本物だ。

みずき「そーゆーの無し!出禁にするよ」

小生「逆リフレ代払えばいいの?」

みずき「それも違うw」

小生「じゃあせめてカップ数だけでも!!」

みずき………フだよ

小生「えっ?もっかい!」

みずきエフだってば

声のトーンを落としているが、聞こえたその言葉で一気にヤル気が出てきた。

 

小生「もっと密着しようよ笑」

腰をぐっと引き寄せ、ふわっふわが顔面を通して伝わってくる。

もしかしたら女の子は顔を赤らめているのかもしれない。

静寂と豊満な柔らかさが小生を包み込む。

まだ19歳を迎えたばかりの子にこんなことをしていいのだろうか。

 

これはハグだ…

これはハグだ…

自分の罪悪感を打ち消すかのうように、心の中でそうつぶやく。その気持ちとは裏腹に、めいっぱい柔らかさを堪能する。

小生「これは…怒らないの?」

みずき「なんでw?だって…ハグだし

なんてええ子なんや…!?

さっきまで「出禁」と言ってたあの子が、胸の鼓動が聞こえる距離でのハグを許してくれる。

 

みずき「今日は?お仕事だったの??」

小生「そう。まぁまぁしんどくてさ、こうして癒されにきたわけよ」

みずき「おつかれだったんだね。この後は?どっか行くの?」

小生「BARか居酒屋で1人で飲みにw」

みずき「お酒飲むんだ!全然わかんないけど1人でBARってカッコイイ」

小生「そっか、まだ未成年だからわかんないよねw今度お散歩で行く?普段どんなお散歩するの?」

みずき「お酒飲みには行けないってw普段?んー…ドライブでしょ、ご飯ならイタリアン、焼肉、お寿司…」

小生「俺の想像した散歩と全然違った。ドライブかよ笑」

みずき「え、うん。ドライブ」

小生「そりゃこんな菜々緒似の美人といるだけで周りから羨ましがられるからなぁ」

 

喜んでいるのか、ハグしたまま背中をパシパシっと叩かれた。横を見るとはにかんで笑っている。

 

最高の添い寝

小生「ずっとハグするのもいいんだけど、意外と疲れるよね?」

みずき「私は大丈夫だけど重いでしょ?降りる??」

小生「重くはない笑。添い寝にしてもいい?」

みずき「いいよ〜」

間延びした返事とともに膝から降りる。その頃には小生のジョイスティックもふにゃっていた。

添い寝前に1枚撮らせてもらうが、なんだこの最高を寄せ集めたような女の子は。

 

池袋メイドJKリフレのトゥインクルのみずきちゃん

 

さっきまでハグしていたので今度は緊張も興奮もせずに、今度こそ普段通り…リフレとしての添い寝。

向き合う姿勢でお互いの息がかかりそうな距離でお話。

小生「みずきちゃんさ、美人だけど…意外と話しやすいな?距離感取るのが上手い

みずき「ありがと~!私、人が好きなの!全人類と話したいぐらい笑」

小生「全人類とか笑うわw」

みずき「人と話すのが好きでリフレ始めたからねw」

 

驚いた。女の子がリフレを始めるきっかけとして『お金稼ぎたい!』という理由が多いのかと思いきや、みずきちゃんは“人と話したい”から。

よくよく話を聞くと、年上の男性は話の幅も広く、聞いているのが楽しいらしい。

小生も最近見た映画『アベンジャーズ〜エンドゲーム〜』は面白いけど、長くてトイレに2回立ったとか。どうでもいい話なのに「うんうん」と興味を持ってしっかり聞いてくれる。

19歳とは思えない聞き上手だ。

あぁ…これは惚れる。

 

小生「みずきちゃんのことも知りたいな。最近なんかハマってる?」

みずき「ん〜?なんだろw最近ってより、ずっとハマってるのがハロプロ!!」

小生「ハロプロの中で1番好きなのは?」

みずき「モー娘。!ライブ行ったら泣きながら叫んでるよww」

笑顔が弾けた。

小生も青春時代はモー娘。にハマって、MDでよく聞いていた。今の若い子はMDなんて知らないだろうな笑。

 

みずき「あとはねえ…美術館、ミュージカルも好きだなぁ。最近行ってないけどw」

小生「みずきちゃんは大人っぽくも見えるから、オトナデートも楽しめそうだね!」

みずき「オトナっぽく見える!?ほんとに!?うれしい♡

小生「その反応と仕草は子どもっぽいけど笑」

 

みずきちゃんのいいところは、見た目はオトナ・中身は子どもなのだ。

目鼻立ちがスッとして菜々緒をやさしくした印象だ。見た目に反して、喋ると子ども笑。

いい意味で期待を裏切られる。

 

本当に後悔してる

小生「あっという間だな、60分」

みずき「話してるとすぐだよねw」

小生「はぁ…」

みずき「あー!またため息。なんなのそれ」

小生「本当に後悔してる。みずきちゃんに入ったこと」

みずき「そっか…私じゃ癒せないよね」

小生「あーそうじゃなくて。みずきちゃんに入ったら好きになるの分かってて、また来なきゃならないから」

みずき「??」

困惑している。

小生「こんな美人でかわいい子と、こんな楽しい時間を過ごしてハグして添い寝して、好きにならない人いる?

みずき「そうだろ〜そうだろ〜笑?」

また調子に乗ってきた笑。かわいいから許しちゃうなぁこれは。

 

そうこうするうちに終了を告げるタイマーが部屋に鳴り響く。

簡単に身支度を終えると、最後にハグをするため腕を広げてくれている。

持っていた荷物を置いて、立ち姿勢のままぎゅぅっとハグ。

小生「今日はありがとうね」

みずき「…こちらこそ。来てくれて、ありがと」

さぁもう終わりかな行こうかな…と思ったらなかなか離さない。

スマホの時計もポケットにあるため見れないが、無言のまま約1分が過ぎようとしている。

小生「どうした笑。時間、過ぎちゃうよ?」

みずき「いいの。このまま、あとちょっとだけ」

 

こんなの惚れない方がおかしい。

心拍数が異常なまでの数値に上がっていくのがわかる。

あーあ、これだから入りたくなかった…。

 

おそらく3分ほど経った頃、ハグしている腕をゆっくりと解いた。照れ臭そうに笑うみずきちゃんはオトナかわいい。

玄関まで送り届けてくれて「またぜったい来てね!今度はコスプレしよ♡」と、笑顔で大きく手を振っている。

 

はぁ…。また来なきゃならない笑。

 

メイドリフレ・トゥインクルまとめ

トゥインクル詳細

  • 池袋駅徒歩7分ぐらい
  • 通常リフレコース60分 7000円
  • ハグし放題 交渉にて
  • 指名料1,000円

 

次の記事 ≫ 菜々緒似の美人リフレ嬢にコスプレさせて禁断のマル秘オプション!?

池袋メイドJKリフレのトゥインクルのみずきちゃん

 

秘めドキパラドクス公式サイト

人気の記事

神待ち掲示板で家出少女を拾って中出しSEX、待ち合わせ 1

徹夜明けでムラムラ性欲MAX、家出っ子をゲット 都内某日 秋晴れの過ごしやすい季節。システムのトラブルに見舞われて休日の夕方に駆り出された小生は20時間の激務を終えてようやく退社。 時刻は13時を回っ ...

神待ち掲示板で家出少女を拾って中出しSEX、バスタオル姿 2

前回からの続き   神待ち掲示板を使い合法ロリな子をゲット。 1記事目のロリっ子を放尿させた記事を併せてお読みください。   女の子の情報 プチ家出中のかわいいJD、2●歳 友達の ...

神待ち掲示板で家出少女を拾って中出しSEX、お掃除フェラ 3

合法ロリっ子を神待ち掲示板で拾い、ひと晩泊めてあげました。その続き、おまけ記事です。 使った神待ち掲示板、今までの記事をご紹介 合法ロリが集まる神待ち掲示板 1記事目「パイパンロリっ子と放尿プレイ」 ...

神待ち掲示板で家出少女を拾って中出しSEX、朝寝坊 4

JKリフレ嬢みたいなスレてない子と出会えないと思ってる人多そうだ。 このページに書いてある通りに実践してもらえればかなり高い確率で出会える。 ≫ 今回利用した登録無料の神待ち掲示板   JK ...

-店舗型リフレ
-,

Copyright© JKリフレ体験談 , 2019 All Rights Reserved.