とあるJKリフレの裏オプ体験談

JKリフレ体験談

泊めてくれたその男は、えっちの最中に別の子の名前を呼んだ【第5話】

前回「生で入れようとしたずるい男のくせに」からのつづき

いさおは、私のワレメに、おチンチンの先を擦りつけてきた。

あたたかい先っぽが、びらびらの上を、ぬちぬち行き来する。

 

「ああっ、ほのかちゃん、きもちいよ……! 先っぽからとけちゃいそうだよ」

「はっ、あんっ、うん」

私は、こくこくと頷きながら、両手でシーツをぎゅっと掴んだ。

なにこれ、すごいきもちいい……!

 

私に気を遣ってくれてるのか、それとも偶然なのか。

いさおは私の一番気持ちいい粒も、ちゃんと擦ってくれていたの。

いままでいろんな人とエッチしてきたけど、最初からこんなふうにしてくれた人はいなかった。

 

「ふふっ、ほのかちゃんもよさそうだね。ほっぺがピンク色になってる」

「だって、だってぇ……」

「うん、わかってる。ここだよね?」

「ひあああっ」

 

いさおが、おチンチンの傘の張った部分で、私のお豆をグリグリする。

「あっ、ああ! だ、だめだよぉ……。そんなこと、したらッ……」

「したら、どうなるの?」

「あっ、ひいいいっ!」

 

いさおは言うなり、私の穴の中に、ずぼっとおチンチンを入れてきた。

「はっ、はぁん……い、いきなりッ……!」

「すっごい……。わかる? ほのかちゃんのオマンコ、おチンチンをすごく締めつけてる」

「あっ、ふんっ、し、しらない、そんなのっ……」

 

いさおのおチンチンに、濡れたお肉を押し込まれて、引っぱり出されて、また押し込まれる。

そのくらい、私のナカはぴったりと、いさおのモノに絡みついていた。

そんな状態で、オマンコを、ねちねちかき回される。

 

「はっ、ううんっ、こねこね、しないでぇ……」

「はっ、はは、それって、イイってこと、かな?」

「ううっ……」

 

私は口をつぐんだ。

アソコがとろとろになってるんだから、わかってよ! って思ったけど。

きっといさおは、わかってるんだ。

わかってて、私にエッチなことを言わせようとしてるんだ。

 

「も、もうっ……ばかっ」

「ばかじゃないよ、君のかわいいとこ、見たいだけだよ」

「そんなの……あふっ、んっ」

 

おチンチンの先っぽが、子宮に近い場所を突いて、傘の部分がごりごりと壁を擦り上げる。

 

「ひっ、ああっ……」

「ふふ、本当にきもちよさそうだ。ねえ、どこがいいか言ってみてよ」

「むっ、むりぃ~……」

 

やっぱりいさおは私に、恥ずかしい言葉を言わせようとしてる。

私は下腹に力を入れてへこませると、お尻の穴をきゅうっとすぼめた。

そうすると、おチンチンが入っている場所が締まる。これで、いさおに反撃するんだ。

 

「うっ……!」

いさおが急に呻いて、苦しそうな顔をする。ふふ、やった!

でも、そのあと。

「はっ……やってくれる、ね。ほのかちゃん……」

いさおは腰を動かしながら、敏感なお豆に爪を立てたの。

 

「ひっ、あああああッ!」

 

熱い。

いさおが指の先でこねてるお豆も、ぐちゃぐちゃに突かれているアソコも、全部がぬるぬるぐちゃぐちゃだ。

「もう、喋れないでしょっ」

はっはと短い息を吐きながら、いさおは私の一番奥に、おチンチンを叩きつけた。

 

「あっ、あふっ、ああんっ、らめ、らめっ」

二人の腰が、ぱんぱんとぶつかる。

「ああっ、いい、いいよッ」

いさおが、切羽詰った声を上げた。

 

――だけど。

 

「君もいいよね、ちなみッ」

 

いさおは私を、知らない名前で呼んだ。

 

最終話震えるおチンチンをアソコがきゅっと締めつける

 

 

秘めドキパラドクス公式サイト

-携帯小説
-,

Copyright© JKリフレ体験談 , 2019 All Rights Reserved.